胃潰瘍の治療法

胃潰瘍の治療法

胃潰瘍と一口にいっても、その重症度には違いがあります。

また、その原因にも違いがありますから、それらによって治療方針も違ってくるでしょう。
手術が必要な場合もあれば、そこまでの必要がない場合もあるということですね。

では、具体的にどんな治療法が行われるのでしょう?

まず、聞き取り調査によって生活改善の指導が行われます。
つまり、その人が胃潰瘍になった原因を探り、その原因をなくすのです。
食事指導による食事療法が行われることもありますし、嗜好品(コーヒーやタバコ、アルコールなど)の摂取が制限されることもあります。

また、場合によっては、持病の薬が原因となっていることもありますから、そのような場合にはドクターとよく治療方針について話し合う必要があるのです。
基本的には、上記のような指導に加えて薬物療法が行われます。

近年では、胃酸の分泌を抑制するH2ブロッカーが使われるようになり、手術をせずに治療できる方が増えましたし、さらに効果の高い薬も研究開発されているそうです。

それに、近頃では、ピロリ菌と胃潰瘍の関係も解明されたため、ピロリ菌を除去するための抗生剤を併用することもあります。
ピロリ菌除去に関しては、まだ完全に全てが解明されたわけではありません。
ピロリ菌を除去した患者は食道がんのリスクが高まるといった統計も出てきており、ピロリ菌を除去するかどうかはドクターの考え方によって分かれます。

これらの療法でも治療困難なほど重篤な症状の場合には、外科手術が行われるでしょう。