胃酸によって・・・

胃酸によって・・・

胃潰瘍の原因は、一般的に胃酸によって胃壁に傷がつくのが原因だといわれてきました。
胃酸が多かったり強かったりすると、自分の胃酸によって胃に穴があいてしまうのです。

胃酸が強かったり胃酸過多になる原因としては、食事内容だったり、喫煙習慣だったり、飲酒量だったり、ストレスだったり、不規則な生活だったりと多岐に渡るため、全般的な生活改善が必要でしょう。

また、中には、持病で飲む薬が原因のこともあります。
胃潰瘍は統計的に中年以降の男性に多い病気で、ストレス性のものが特に多いようです。
ストレスの溜まりやすい中間管理職の男性がなりやすい傾向にあります。

ただ、近年になって、体内のピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)が胃潰瘍の原因となることが明らかになりました。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者のほとんどがピロリ菌を体内に持っているという研究結果が出たのです。

ピロリ菌の研究が始まったのは比較的近年のことで、ピロリ菌が胃潰瘍などの病気の発症に関係があるという研究結果が出てきたのも、最近のことになります。
ピロリ菌は胃潰瘍や十二胃腸潰瘍だけでなく、胃がんなどの様々な病気の原因となることもわかってきました。
ピロリ菌は後進国ほど感染者が多く、日本でも1952年以前に生まれた方の感染率は7割以上だといわれています。

日本では若い人ほどその感染率は低く、高齢者ほど感染率が高いので、1952年より前に生まれた方は、一度検査を受けておいた方がいいかもしれませんね。