胃潰瘍の症状は痛みだけではありません

胃潰瘍の症状は痛みだけではありません

一般的に胃潰瘍といえば、胃の痛みが出る病気といった認識が強いでしょう。
ですが、胃潰瘍の症状は、実はそれだけではありません。
軽い状態ではゲップや吐き気、胸焼けや胃のもたれ感などのあまり深刻には受け取れないような症状から現れ始めます。

その後、症状が進むと、食欲不振や胃の痛み、みぞおちの痛みや背中の痛みといった症状も出てきます。

さらに進行すると、吐血や下血といった症状が出ることもあるのです。
下血の場合には、便に血が混じって黒い便が出るといったこともあるので、便の色にも注意が必要です。
胃潰瘍による胃の痛みは、食後に強く出ることが多いのが一つの特徴になりますから、胃潰瘍の目安として覚えておいてください。
胃の不快感を感じたら、すぐに診察を受けることをお勧めします。

その際には、しっかりと胃の検査を受けるようにした方がいいですね。

また、高齢者の場合は、胃潰瘍になっても痛みを感じないことがあり、病状が悪化してから初めて気がつくということもあるでしょう。

それに、これらの自覚症状は、それだけで胃潰瘍だと判断できるものではないことも知っておく必要があります。

例えば、十二指腸潰瘍や胃がんでも、みぞおちの辺りが痛んだりすることもありますし、ただの飲み過ぎや食べ過ぎでも吐き気や胸焼け、胃のもたれを感じることもありますよね。

ただ、暴飲暴食による胃の不快感は摂生をすることで治まる一時的なものです。
胃を労わっても継続的に胃の不快感が続くようなら、早めに病院で診察や検査を受けてその原因をはっきりさせましょう。

何事もなければ、それに越したことはありませんから、軽い症状のうちに診察を受けてください。