神経性胃炎の治療法

神経性胃炎の治療法

神経性胃炎の治療法としては、一般的に胃炎の症状に応じた薬が処方されます。
胃の働きを正常に戻す胃薬とか、痛みを抑える痛み止めなどが処方されるわけですね。

おそらく、これまでに神経性胃炎になったことがある方も、これらの薬を処方されたことでしょう。

ただ、神経性胃炎は、最初の診察から神経性胃炎だと診断されることはあまりありません。
胃炎の症状が出た場合、まず最初は、胃の検査から始められることが多いです。

しかし、神経性胃炎の場合、検査をしてもこれといった胃炎の原因が発見できないことがほとんです。
にもかかわらず、本人は胃の痛みなどを訴えるため、その症状を抑えるような薬が処方されるのですね。
ところが、神経性胃炎はそれらの薬では改善がみられないことが多く、そのような場合に初めて神経性胃腸炎ではないか?との診断が下されます。

神経性胃炎の原因はストレスだといわれていますが、実際には本当の原因がつかめていないのが現状です。
ストレスというのは便利な言葉で、結婚式前の緊張も、仕事で抱える不快な思いも、全てストレスという名前で片付けられています。
あるいは、本人がそれが原因だと思い込んでいるだけで、実は全然違う事象が原因かもしれません。

このような場合、自律神経を正常に保つことを目的とした薬が処方されることになります。

つまり、精神安定剤のようなものですね。

これらを処方するのは内科ではなく、心療内科で行われることになります。

心療内科では、精神を安定させる薬の他に、心身をリラックスさせる目的で遠赤外線を利用した温熱療法やカウンセリングなどの精神・心理療法などが行われることもあります。