神経性胃炎の症状

神経性胃炎の症状

神経性胃炎の症状としては、胃の痛みや吐き気、胸焼け、胃のムカつき、お腹の張り、みぞおちあたりの痛みなどが多いです。
吐き気や胃の痛みがひどくて眠れないこともあるでしょう。

胃潰瘍や胃がんなどの症状と同じですが、胃の検査をしても異常がみられない時に、神経性胃炎だと診断されます。
神経性胃炎の特徴の一つが、胃の不快感を抑えるような薬を服用しても効果があまりみられないことです。

それに、一時的な症状ではなく、慢性化しやすいのも特徴になります。

そのため、いつ胃の痛みが起こるか、いつまで胃の痛みが続くのか不安で、うつ病を発症することもあります。

つまり、神経性胃炎の症状そのものがストレスになってしまって、悪循環を起こしてしまうわけですね。
神経性胃炎の症状が軽いうちに、ストレスの原因を取り除くことができれば、症状が好転することが多いでしょう。

ただ、ストレスの原因を取り除くなんて、そう簡単にはできないことがほとんどです。
神経性胃炎は、規則正しい生活を送り、胃に負担をかけない食事を心がけるだけでも、かなり症状が軽くなるといわれています。
寝る時間と起きる時間をなるべく一定にして、揚げ物や辛いもの、冷たいものを避け、一度に取る食事の量を減らすといいですね。
空腹を感じる時間を減らし、クラッカーなどの軽いものを二、三枚食べるとか、ホットミルクを飲むのもいいでしょう。

温めた豆乳もオススメです。
胃の痛みや不快感を感じた場合、大抵の方は病院に行くのを面倒がって市販の胃腸薬を利用しますよね。

でも、胃の痛みの原因は何か、どういった症状が出ているかによって、服用すべき薬は違ってきます。
間違った薬を長期的に服用しているうちに、胃潰瘍になってしまったというケースもありますから、胃腸薬を購入する際には、薬局にいる薬剤師によく相談してください。

そして、症状が治まらないようなら早めに病院に行きましょう。
胃の検査では異常がなく、神経性胃炎だと診断されたけれども、実は、慢性膵炎だったという例もあるので、思い切って人間ドックを受けてみるのもいいかもしれません。