慢性胃炎の原因

慢性胃炎の原因

慢性胃炎になる原因って、どんなことなのでしょうか。

まず、一番に挙げられる原因としては、暴飲暴食です。
胃に負担をかけすぎることにより、胃の粘膜を傷つけてしまいます。
甘いものや脂肪分の多い食べ物は、胃の機能を鈍らせてしまいます。
香辛料の取りすぎも良くありません。
こういう食生活を送ることで、胃が無理をしてしまうのです。

二番目に挙げられる原因としては、過度のストレスです。
過度のストレスは、胃の血流障害を引き起こしてしまいます。

その結果、胃の粘膜を傷つけてしまうのです。
不規則な生活や喫煙に関しても同様に、血流障害を引き起こしてしまう可能性が高いです。

三番目の原因としては、ヘリコバクター・ピロリ菌が挙げられます。
ヘリコバクター・ピロリ菌は、慢性胃炎を引き起こす菌であることがわかっています。
日本人は特にピロリ菌の感染者が多いと言われていますし、この菌は胃がんとも関係が深いと言われています。

なので、慢性胃炎を予防するためには、暴飲暴食を避け、胃にやさしい食物を摂ること、ストレスをため込まないこと、疲労しすぎないこと、規則正しい生活を送ることが大切です。

また、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染していないか検査を受けてみると良いでしょう。
ピロリ菌に感染していた場合は、除菌を行う必要があります。

定期的に検査を受けて、胃の状態を確認しておくのもお勧めです。

検査には胃のレントゲンや胃の内視鏡などがあります。