十二指腸潰瘍の原因

十二指腸潰瘍の原因

十二指腸潰瘍の患者の約9割の人が、ヘリコバクター・ピロリ菌が原因で十二指腸潰瘍になっています。
ピロリ菌は口から体内に入り込み、感染すると言われており、ピロリ菌が作り出す様々な物質によって、粘膜が刺激を受けて、炎症を起こしてしまいます。

ピロリ菌は酸性の強い胃液を中和するアンモニアを分泌することで、死滅することなく体内に長く留まり、胃へ悪影響を与えます。
ピロリ菌に感染すると、まず慢性胃炎になります。

さらに、慢性胃炎になった人のごく一部の人が、慢性胃潰瘍などになるのです。
十二指腸潰瘍は、胃液と胃を保護する粘膜とのバランスが崩れたときに起こります。
胃液には食べたものを消化する役割があり、その成分は胃の粘膜をも溶かしてしまうほどの力があります。
胃の粘膜は胃液に消化されないように粘液を出しているため、胃液と粘膜は常にバランスがとれているのが正常な状態です。

胃液と粘膜のバランスを崩してしまう原因はたくさんあります。
ピロリ菌の感染以外にも、過労、睡眠不足、緊張、不安などの精神ストレスも十二指腸潰瘍の原因として挙げられます。
強いストレスは、急性胃潰瘍の原因にもなりかねません。

また、刺激の強い食べ物や香辛料の過剰摂取、アルコールの飲みすぎ、コーヒー、喫煙、痛み止め、ステロイドなどの強い薬の服用は胃への負担が大きくなり、十二指腸潰瘍へと繋がります。

こういった原因により、胃液と粘膜のバランスが崩れてしまうことで、胃の粘膜が胃液によって消化されて傷ついてしまい、十二指腸潰瘍や胃潰瘍が起こるのです。