逆流性食道炎とストレス

逆流性食道炎とストレス

昨今、逆流性食道炎の患者さんが大変増えてきました。
元々は働き盛りのサラリーマンの男性に多いといわれていた逆流性食道炎ですが、近頃では男女に関係なく、また、若い人にも増えてきているといわれています。

逆流性食道炎の原因はとてもたくさんあり、当然、人それぞれにその原因や理由には違いがあるのですが、日本人の患者が増えてきた要因の代表的なものに、欧米化した食事内容とストレス社会があります。
逆流性食道炎は胃酸が逆流してしまう病気で、胃酸過多がその大きな要因です。

そのため、当然、食事内容が大きく関わってきますし、その他の成人病と同様に、やはり、ストレスも無関係ではないのです。
実は、ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、胃酸の分泌にも変化が生じます。
元々は働き盛りのサラリーマンにこの病気が多かったのも、ストレスが大きく関係していたのでしょう。
ストレスは自律神経のバランスを崩すだけではありません。
ストレス発散のために、夜遅くまで飲酒をしたり、喫煙量が増えたりする傾向が強まることが知られています。

また、お酒を飲まない女性の場合だと、甘いケーキなどの過食に走るケースも少なくないでしょう。

このような喫煙や暴飲暴食は、さらに逆流性食道炎を悪化させる要因となります。

つまり、ストレスを溜めこんでしまうのはもちろん良くないのですが、その発散方法によっては、ますます症状を悪化させてしまう危険があるということです。

忙しい社会人は、どうしても悪い発散方法を選びがちですから注意が必要ですね。