逆流性食道炎と食事の関係

逆流性食道炎と食事の関係

逆流性食道炎は、胃腸薬のCMで一般的にもその病名が知られるようになりました。
本来は逆流などするはずがない胃液が、何らかの原因で逆流してしまい、食道まで上がってきてしまうことで、様々な症状を引き起こすのが逆流性食道炎です。

この病気は、食事の内容と大変密接な関係があります。
逆流性食道炎の症状の筆頭に胸焼けがあげられるように、胸焼けを起こしやすい食事が逆流性食道炎には良くないのです。
日本人の食事内容が欧米化することで、日本人にも増えてきたこの病気は、脂質やカロリーの高い肉系の食事、揚げ物が良くないといわれています。
逆流性食道炎は胃酸過多から起こることが多いため、胃酸が多く分泌されるような食事は良くないでしょう。

また、過食気味の傾向にある人、肥満体型の人が逆良性食道炎になりやすいです。
肥満体型の人は、元々高カロリーの食事を好む傾向があり、さらに、過食気味の傾向もあります。

そのため、胃酸過多に陥りやすいのが原因となるのはもちろん、肥満による腹部周りの脂肪によって胃が圧迫されることも、胃酸を逆流させる原因となるのです。

これ以外にも、ストレスや喫煙、飲酒など様々な原因があります。
ストレスの場合も心因的要因に加えて、ストレス発散のための喫煙や暴飲暴食が逆流性食道炎の症状を悪化させる傾向が強いことも事実です。

逆良性食道炎にかかった場合には、薬物療法を行うだけではなく、食生活の改善も行う必要があるでしょう。