逆流性食道炎の治療に漢方薬

逆流性食道炎の治療に漢方薬

逆流性食道炎には漢方薬が効くのでしょうか?
それはあなたの考え方や行動次第だといえます。
一般的な西洋医学で処方される薬剤は、科学的に症状を緩和させるものです。

例えば、逆流性食道炎では胃酸の分泌を抑えたり、中和するような薬がよく使われます。
なぜなら、逆流性食道炎の原因は胃酸過多にあるからです。

でも、漢方薬には、直接的に胃酸を減らしたり、胃酸を中和したりするような薬はありません。
基本的に、漢方薬というのはどんな目的で使われるにしても、症状に対して直接的な効果があるというものはほとんどないのです。
人間本来が持つ自己治癒力や免疫力などを向上させる効果があるのが漢方薬になります。
それぞれの漢方薬には、鎮静効果や血流を上げる効果など、独自の効能がありますが、それらで体調を整えることによって、最終的に肉体的な問題点が改善されるというものです。

つまり、即効性はないと考えてください。
逆流性食道炎に効果があるとされているのは、以下のような漢方薬です。

◆黄連解毒湯
身体の炎症を抑えたり、解熱・解毒作用があり、機能改善効果もある漢方薬です。

◆半夏瀉心湯
胃腸に良い生薬の組み合わせで作られた漢方薬で、胃腸の働きを整えます。

◆半夏厚朴湯
神経を鎮め、心身共に正常な状態に戻す効果がある漢方薬で、特に神経性の胃炎や気管支炎などに有効だといわれています。

◆六君子湯
胃腸の働きを整え、体内の水分量を正常に保つ効果のある漢方薬です。