逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因には、様々なことがあげられます。
例えば、ストレスも逆流性食道炎の原因の一つです。
心因性のストレスによって、自律神経のバランスが崩れ、胃酸のバランスも崩してしまうことが原因で逆流性食道炎が起こることもよくあります。

さらに、ストレスを解消するために喫煙量や飲酒量が増えたり、暴飲暴食をする回数が増えることで胃に負担がかかり、逆流性食道炎が起こりやすくなるでしょう。
とはいえ、逆流性食道炎の一番の原因は、やはり、胃酸過多です。

つまり、胃酸過多を引き起こすような要因は全て逆流性食道炎の原因にもなってしまいます。
暴飲暴食はもちろんですが、てんぷらやからあげのような脂分の多い食事や塩分の多い食事が胸焼けの原因になることは多くの方がご存知でしょう。

焼肉を食べた日の翌朝に、激しい胸焼けを起こした経験がある人も少なくないはずです。
焼肉に限らず、一般的にカロリーが高く、塩分の多い外食は胃酸過多を引き起こしやすいといえます。

また、腹部に大きな圧力がかかれば、その中身が出口を求めて逆流するのは自然の原理です。
必要以上にベルトで腹部を締め付けたりすると、逆流性食道炎が起こりやすくなりますから注意してください。
同様に、お腹の大きい妊婦さんや下腹部にたっぷりと脂肪がついた肥満体型の方、便秘症でお腹が膨らみがちな方も逆流性食道炎が起こりやすいでしょう。

それに、加齢によって腹筋力が低下することでも、逆流性食道炎が起こりやすいといわれています。